--年--月--日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年08月29日

ヤマハが国内専用二輪車開発中止?

「ヤマハが250cc以上の国内専用二輪車の開発を中止した」という記事が8月27日の読売新聞に載っていたそうです。
今日、いつものバイク屋さんに行ったときに知って驚いたのですが、バイク屋のおやじによると「ヤマハはそんなことは言っとらん」ということで、ヤマハからは読売新聞に対して「記事を訂正するように」と申し入れたということです。

こんなご時勢ですので、最初に見たときは驚きとともに「やっぱりかぁ」というか、しょうがないのかなという思いを感じましたが、すぐにバイク屋のおやじから「それはちょっと違う」ということを聞き、少し安心しましたが、方向としてはそんなに違わないかなとも思いました。

そもそもこの記事は、過去に読売新聞がヤマハ発動機に対して行った取材で、ヤマハが「将来的に大型二輪車については、日本市場を見据えた上で欧米を含むグローバルな商品開発をしていきたい」と今後の開発の方向性を語ったことに対して書かれた記事のようで、ヤマハ側ではこのことに対し「国内専用二輪車の開発を中止するということは一切言っていない」ということのようです。

それにしてもこの読売新聞の記事は、いきなり「ヤマハ発動機が、排気量250cc以上の普通・大型二輪の新たな国内専用車の開発を中止したことが26日、分かった。」と、過去形で書かれていて、すでに中止しているような言いっぷりです。
天下の大新聞なんですから、もうちょっと事実確認をしっかり行ってから記事にしてもらいたいものです。

ていうか、これってわざとなんじゃないかって気もちょっとしますけどね・・・。
本当のことを伝えるよりも、話題になればいいっていう姿勢を感じなくもないんですが・・・、考えすぎでしょうか?

まぁ、記事については事実とは違うようですが、これからの二輪車開発の方向としては、100%じゃないにしてもそういった方向に向かっていくことは間違いないんじゃないのかなとは思いますね。

ホンダのCBR250Rのようなバイクが今後はたくさん出てくるんだと思います。

実際、日本で数が売れない状態が続き、開発費の元が取れないようであれば、そういった状況になるのは仕方ないんだと思います。

たしかに国内専用バイクの開発が行われないということ自体は寂しいことではありますが、乗る側としてはどこの国に向けたものであろうと、良いバイクを作ってくれれば文句はないんじゃないかと思います。
ある一部の層に向けた、どれも同じようなバイクしか選べないという状態よりは、たとえ日本専用じゃなくてもたくさんの選択肢から選べるほうがいいんじゃないかとも思います。

いずれにしても、バイク業界もバイク乗りも両方が幸せになればいいと思います。


スポンサーサイト

2011年05月24日

エコタイヤ

SPORTMAX ENASAVEダンロップからバイク用のエコタイヤ「SPORTMAX ENASAVE」が発売されています。

四輪ではあたりまえのようになってきたエコタイヤですが、バイク用のエコタイヤは今までありませんでした。
個人的にはバイクにエコタイヤがどの程度効果があるのか疑問なとこもありますが、今の時代やはりエコの看板は必要なんでしょうね。

ダンロップではツーリング向けに「SPORTMAX ROADSMARTⅡ」というタイヤもありますが、この普通のツーリング用タイヤとエコタイヤとの棲み分けはけっこう微妙な感じもしますね。

一般のツーリング用タイヤに比べ、性能はほぼ同等、燃費は2~3%アップでお値段は2割増しといった感じのようですが、経済的にはどうでしょう…元は取れますかね?
まぁ、経済性より環境性能重視ということだとは思いますが…。

ただ、バイクの場合いくらエコタイヤといえど、グリップ性能は落とせませんよね。
当然というかこのENASAVEも性能は維持してるようですが、そうであるならばツーリング用タイヤはエコ仕様一本でもいいんじゃないのかなって思ったりもします。

まぁ、今のところはあえてエコ仕様を別個に出すところに意味があるのかもしれません。

ちなみに自分のバイクはタイヤサイズが特殊なためこのタイヤは履けません…orz

2011年04月19日

MOTO AID

MOTO AID『MOTO AID』というイベントが、2011年4月30日に山梨県の河口湖ステラシアターというところで開かれます。

『RIDE FOR LIVES 「バイク好きの想いをひとつに」東北へ届けよう』をテーマにした、バイク乗りによる東日本大震災の被災地のためのチャリティイベントです。

このイベント、もともとはバイク雑誌の「MOTO NAVI」が主催する、バイクと音楽の融合フェス 『 MOTO NAVI FES. 』のはずでした。
しかし、3月11日に起きた「東日本大震災」の影響により「MOTO NAVI FES.」は中止することになってしまいました。

ですが、主催者側の「このまま中止ではなく、被災地のために…」という思いから、「MOTO NAVI FES.」のための場所、コンテンツを活かして、新たに「MOTO AID」としてチャリティーイベントを開催するということです。

当日は、メーカーや協賛企業の出展、著名ライダーやタレントによる、トークショーやライブなどが行われます。
また、義援金を募ったりチャリティーオークションなどを開催し、被災地への支援を行うということです。

このような状況ですので、ひとりのライダーとして、また東北人として、このイベントがたくさんのライダーが集まって、楽しく素敵なイベントになるといいと思います。

2011年04月17日

YAMAHA FZ1 FAZER GT

FZ1 FAZER GTヤマハさんからFZ1 FAZER GTの発表がアナウンスされていますね。
現在注文受付中で、納期は7月頃になるようです。
本当は5月の発売だったようですが、やはり、というか東日本大震災の影響で遅れてしまうようです。

車体のほうはというと基本的にFZ1 FAZERで、フルカウルが付いたツーリング仕様といった感じになるんでしょうか。
ツーリング仕様といっても、中身はFZ1 FAZERですから走りはそのまんまスーパースポーツでしょうね。
現在FZ1系はプレストコーポレーションでは扱っていないようなので、94psの国内仕様のみということになるんですね。

基本的にとても乗りやすいバイクで、パワー的にも国内仕様でも普通は不満はないと思いますが、フルパワー仕様が欲しいという方は、ちょっと違うけどもFAZER8をどうぞ、ってことになるんでしょうかね?

まぁ、選択肢がいろいろあるということで、それはそれでいいんじゃないかと思いますね。

FZ1 FAZER GT、大人のスポーツツアラーって感じですね。

2011年04月12日

東日本大震災から1ヵ月

東日本大震災から1ヶ月がたった。

地震直後からすればだいぶ復旧作業は進んでいるのだとは思うけれども、被害があまりにも大きいために、復旧というには程遠いと言わざるをえないのではないだろうか。

余震も半端じゃない。
自分のところもこの間震度5強の余震があったが、最近は福島や茨城の沿岸地域は震度6とか5とか、4まで含めるとかなりの回数の余震が起こっていて、現地の方々はホント生きた心地がしないと思う。
せっかく水道などの復旧も進んできたのに、また断水ってせつな過ぎる…。


しかしそれ以上に深刻なのが原発だ。
地震や津波で家を失ったとかなら、生きていてがんばれれば、また復興できる。
しかし原発はたとえ生きていても、また幸いに家が残っていたとしても帰ることができないのだ。
しかもまるっきり終息のめどもたたないし、ほんとに辛すぎる…。

事故が起こった際や、廃棄物を完全に安全に処理する技術も無いのに原発なんか造るべきではないと思う。
このとおり、事故が起こってからでは遅いのだ!

今ある原発は一刻も早く廃炉にするべきだ。
電気が足りないなら我慢する。
迷っている暇はないと思う。

何万年とか放射性物質を出し続けるゴミの面倒をいったい誰がみるというのか。
そんなゴミを出し続けるという行為は、それこそ分別のある大人のすることではないと思うのだ。

このまま何ヶ月とか放射性物質の放出を止められなければ、周辺何十キロの野菜とかのレベルではすまなくなってくるかもしれない。
宮城や新潟の米、太平洋沿岸の魚介類などもこの先どうなるかわからない。
ヘタすりゃもっと広い範囲の農産物、海産物だって危ないかもしれない。

地震や津波はある意味しょうがない。
でも原発は人間の選択で無くすことができるのだ。

もしも時間を戻せるのなら、できるものなら原発の建設を阻止しにいきたい。


そしてライダーとしては…、また福島にツーリングに行きたい!!
カテゴリ : 未分類記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2011年04月06日

ホンダ CBR250R

CBR250RCBR250R出ましたね。

けっこう前から話題になってましたが、一番のポイントはタイ生産による値段の安さでしょう。
「449,000円!」
これはVTRよりも10万円以上も安く、オフ車のXR230よりも安いのだ。
タイ恐るべし…。

単気筒の250というとおじさんは大昔のCB250RSを連想してしまうのだが、シンプルだった昔のCBに対し、こっちはフルカウルに水冷エンジンとだいぶ雰囲気は違っている。
同じ名前の元祖CBR250Rはフルカウルでちょっと似てるが、中身がまるで違う。

デザインはけっこう好き嫌いがありそうだけど、パワーもそこそこあるし、足回りもプロリンクに前後ディスクと抜かりはない。

しかし、このデザインや装備はあまり今の若者の好みではないような気がするのだが…。
タイの若者は好きかもしれない…。

なのでこのバイクはABS仕様もあるし、家計にやさしい値段、なにより軽量でコンパクトな車体にほどほどのパワーなど、体力の衰えてきたおじさんにぴったりなバイクではないか!!

2011年04月05日

久々に…

東日本大震災、今さらですが、みなさん大丈夫でしたでしょうか?
私のとこは、自宅に多少の被害がありましたが基本的に無事でした。

地震、津波で無くなった方の命は戻ってきません…、ご冥福をお祈りします。

被災し、命が助かった方々はこれからまだまだたいへんな日々が続くとは思いますが、一日も早く落ち着いた生活ができるように祈ってます。


というわけで、久しく更新してませんでしたが、またぼちぼちとはじめたいと思います。

いろいろと新しいバイクも出てきてますし、ライダーとしての自分に刺激を与えるためにもできるだけ更新をしていきたいと思います…。
カテゴリ : 未分類記事のURL コメント (0) トラックバック (0)

2010年08月03日

原付二種が元気だ!

最近、原付二種(排気量50cc以上~125cc未満)の人気が高くなっているようだ。

1月~6月までの二輪車全体の販売台数が前年比約93%と下がっている中、原付二種は前年比約150%と大幅に伸びているのだそうだ。

世の中の不景気やエコ志向もあり、原付二種はその経済性や日本の現実的な交通事情にマッチした走行性能などが見直されているんじゃないだろうか?

スクーターが中心ではあるが、ここにきて国内4メーカーも原付二種のラインナップに力を入れてきているようだ。
ヤマハ、スズキはスタンダードなスクーターがメインだが、値段や走行性能などでアピールしている。
ホンダはギア付きのエイプ100、スーパーカブ110、個性的なスタイリングとアイドリングストップ機構付きのPCXなどバリエーションの豊富さはさすがである。
そして、カワサキである。D-TRACKERとKLXという本格的なスポーツタイプ、しかもオフロード車をリリースしたことは大いに評価したいと思う。

大型のオートバイが御馳走なら、原付二種はさしずめご飯に味噌汁といったところだろうか。
高速道路こそ使えないものの、通勤・通学やお買い物からちょっとしたツーリングまで幅広く使える便利さは原付二種ならではでしょう。
むしろツーリングでは、よりディープで濃い旅ができると思います。

ひょっとしたら原付二種はもっともバイクらしいというか、オートバイの原点みたいなクラスなんじゃないだろうかと、なんとなくそんな気がしてきた…。

そんな原付二種がきっかけでこれから二輪車の良さが見直されてきてくれるといいなと思う。

PCXホンダPCX
KLX125カワサキKLX125
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング参加中
banner2.gif

d_03.gif

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

人気ブログランキング
PR




Appendix


AD
リンク 
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
プロフィール

おやじライダーV3

Author:おやじライダーV3
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
PR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。