FC2ブログ

2011年04月17日

YAMAHA FZ1 FAZER GT

FZ1 FAZER GTヤマハさんからFZ1 FAZER GTの発表がアナウンスされていますね。
現在注文受付中で、納期は7月頃になるようです。
本当は5月の発売だったようですが、やはり、というか東日本大震災の影響で遅れてしまうようです。

車体のほうはというと基本的にFZ1 FAZERで、フルカウルが付いたツーリング仕様といった感じになるんでしょうか。
ツーリング仕様といっても、中身はFZ1 FAZERですから走りはそのまんまスーパースポーツでしょうね。
現在FZ1系はプレストコーポレーションでは扱っていないようなので、94psの国内仕様のみということになるんですね。

基本的にとても乗りやすいバイクで、パワー的にも国内仕様でも普通は不満はないと思いますが、フルパワー仕様が欲しいという方は、ちょっと違うけどもFAZER8をどうぞ、ってことになるんでしょうかね?

まぁ、選択肢がいろいろあるということで、それはそれでいいんじゃないかと思いますね。

FZ1 FAZER GT、大人のスポーツツアラーって感じですね。
スポンサーサイト



2011年04月06日

ホンダ CBR250R

CBR250RCBR250R出ましたね。

けっこう前から話題になってましたが、一番のポイントはタイ生産による値段の安さでしょう。
「449,000円!」
これはVTRよりも10万円以上も安く、オフ車のXR230よりも安いのだ。
タイ恐るべし…。

単気筒の250というとおじさんは大昔のCB250RSを連想してしまうのだが、シンプルだった昔のCBに対し、こっちはフルカウルに水冷エンジンとだいぶ雰囲気は違っている。
同じ名前の元祖CBR250Rはフルカウルでちょっと似てるが、中身がまるで違う。

デザインはけっこう好き嫌いがありそうだけど、パワーもそこそこあるし、足回りもプロリンクに前後ディスクと抜かりはない。

しかし、このデザインや装備はあまり今の若者の好みではないような気がするのだが…。
タイの若者は好きかもしれない…。

なのでこのバイクはABS仕様もあるし、家計にやさしい値段、なにより軽量でコンパクトな車体にほどほどのパワーなど、体力の衰えてきたおじさんにぴったりなバイクではないか!!

2010年07月16日

電動スクーター「ヤマハ EC-03」

YAMAHA EC-03ヤマハから電動スクーターEC-03が発表になりました。

詳細はこちら>>(ゼロエミッション・エレクトリック コミューター「EC-03」新発売について)

ガソリンエンジンでいうと50ccのバイクに相当する原付1種になります。

とうとう2輪の世界にも電動化の波が押し寄せてきた感がありますね。

今までもいくつか電動のスクーターはありましたが、まだまだ一般的ではなかったと思いますが、このEC-03により本格的な電動バイク時代の幕開けになるのかもしれませんね。

無駄をそぎ落とし、1mでも航続距離を延ばすためにひたすら軽量化したという感じのするスタイルは、30年以上前の初代パッソルを思い起こさせるものがあります。
初代パッソルは大ヒットしましたが、このEC-03はどうでしょうか?

本格的に普及させるためにはまだまだバッテリーの性能向上やインフラの整備などが必要でしょうが、とりあえず近所の買い物や通勤、通学などに使うにはとくに問題は無いと思われます。

ここから徐々にスポーツバイクも電動になっていくのだと思いますが、そのうちガソリンエンジンが消えてゆくと思うと寂しいですが、その反面、この新しい乗り物に早く乗ってみたいとも思います。

自分は電動バイクでツーリングに行くことができるのでしょうかね…?

ともあれ、新しい時代を楽しみにしながらも、ガソリンエンジン最後の時代をしっかり楽しみたいと思いますね。

>>YAMAHA EC-03のHPへ

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

2010年07月14日

YAMAHA XTZ1200 Super Ténéré

yamaha xt1200z super tenere前回はホンダのVFR1200Fについてでしたが、ヤマハさんからはかつてのパリダカの王者「スーパーテネレ」がVFRと同じく1200ccになって復活し、発売になってますね。

オフ車好きで、昔アフリカツインに乗っていたこともある私としては、非常に気になる1台です。

VFRとは見た目の雰囲気はだいぶ違いますが、実際の使われ方を考えると大型のスポーツツアラーということで同じ枠でくくってもいいかもしれません。

実際、購入の際に比較対象にする人はけっこういるんじゃないでしょうか?
自分も、もし買えるとしたらこの2台はけっこう迷うかも…。

VFRの場合、デュアルクラッチトランスミッションをはじめとするハイテク機能に魅力を感じますが、スーパーテネレはデザインやパリダカイメージなど全体の雰囲気に惹かれますね。
「スーパーテネレで世界一周してやるぜ~!!」みたいな雰囲気も持ってますし…(笑)

それぞれ好みはあるでしょうが、自分は圧倒的にスーパーテネレがかっこいいと思いますし、単気筒・2気筒好きとしてはやはりスーパーテネレに惹かれます。

しかし、実際に乗るとなるとVFRのほうがそのミッションや大きさ(主にシート高)から絶対に楽だと思いますが…。

衝動買いでスーパーテネレ、じっくり考えたらVFRかもって感じでしょうかね?
でもどっちも個性が強いので、結局は好みの問題かな?

あぁ、また妄想が…


この2台、排気量が1200ccと共通ですが、ほかにも駆動がシャフトドライブ、パワーがVFR111ps・スーパーテネレ110ps、重さがVFR278kg・スーパーテネレ261kgなど近いですし、お値段も税込みで諭吉さんが168人分と一緒です。

とりあえず、けっこういいライバルになるかもですね。

ホンダさん、アフリカツイン1200のうわさもありますが…。


ちなみにスーパーテネレは逆輸入車扱いなので、日本ではプレストコーポレーションでの取り扱いになっています。

ヨーロッパでのプロモーションビデオ…カッコいいっす!




にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

2010年07月09日

ホンダ VFR1200Fに二輪車初のデュアルクラッチトランスミッション

ホンダから7月29日に従来のVFR1200Fに新タイプの追加となる形で、トランスミッションに二輪初となるデュアルクラッチを採用した大型スポーツツアラー「VFR1200F Dual Clutch Transmission」が発売されます。

vfr1200f_2100629.jpg四輪の世界ではDSGなどの名称でフォルクスワーゲンやアウディ、また日産のGTRなどにも搭載されている最先端のツインクラッチのオートマチックミッションですが、このVFRに二輪車で初めて搭載されることになります。

他にもメカ的には、VFRらしくABS付きの前後連動ブレーキ、プロアーム&シャフトドライブ、スロットルバイワイヤ、ユニカムバルブトレイン…、などなど先端技術がてんこ盛りになっています。

個人的にはスクーターなどバイクのオートマチック車にはあまり興味がないのですが、これなら乗ってみたいと思わせますね。
しかし168万円という値段をクリアしなくてはならないので、妄想で終わることは間違いないでしょう…orz
できればエンジンと値段と重さを半分にしたVTR600なんかは…、作ってくれませんよね…。

ホンダさんのHPに元世界GPライダーの岡田忠之さんのわかりやすいインプレッションムービーがあるのでそちらもどうぞ。>>「VFR1200F Dual Clutch Transmission」IMPRESSION MOVIE

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング参加中
banner2.gif

d_03.gif

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

人気ブログランキング
PR




Appendix


AD
リンク 
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
プロフィール

おやじライダーV3

Author:おやじライダーV3
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
PR