FC2ブログ

2009年05月22日

YAMAHA XJ6N

最近、ヤマハの新しいXJ6(逆輸入車)に乗ってみる機会がありました。
このXJ6、デザインも今風だし(決して今のバイクのデザインを否定するわけではないのだけど…)、単気筒、2気筒好きの自分にとってはそれほど興味のあるバイクではなかったというのが正直なところだったけれども、乗ってみてびっくり、目からうろこが落ちるとはこのことでした。
スペックとしては600ccで57.0 kW (78 PS) @ 10,000 rpm、重さが装備で200kgほどととくにパワーがあるわけでもないし、とくに軽いわけでもないといういたってふつうのバイクって感じです。

2009-XJ6-static-05_tcm26-280440_convert_20090522185530.jpg跨ってみるとこじんまりとして400といってもいいくらいの大きさですね。
重心が低いのか重さもほとんど感じません。
走り始めてもまるっきり癖がない感じで、手ごろなサイズともあいまって、初めて乗っても全然違和感なく走れます。
自分はあんまり他のバイクに乗ることがないんだけれども、初めてでこんなに乗りやすいバイクは今までなかったんじゃないかと思うくらい乗りやすい。
コーナリングは限界まで試す腕がないのでそのへんはわからないが、けっこう寝かせていてもラインを変えていける余裕もあったし、接地感もけっこうあるのですごく安心して曲がれる。

エンジンに関してはあまり高回転までは回さなかったが、低中回転域ではじゅうぶんにパワフルだった。いつも高回転を使って走るような人には物足りないのかもしれないが、普段ほとんど上まで回さない自分にはこれ以上のパワーは必要ないってくらい力強い。追い越しもあまりシフトダウンしなくても問題ない。
アクセルのオンオフにもあまりシビアでなくギクシャクすることもないし、音も悪くないと思う。

さてこのXJ6、自分の結論としてはパワーは充分、癖もなくすごく乗りやすい、一言で言えばすごく楽チン!
とくにすごいところはないけども平均してレベルが高く、欠点もほとんどない感じで、現実的に非常にいいバイクだと思う。一見地味だけど乗ってみると「う~ん」ってうなってしまう。
普段の足でも乗りやすいと思うが、ツーリングに使ったらすごく疲れないんじゃないかと思う。
いや、この手のバイクは食わず嫌いだったが、正直ちょっと欲しくなった。
R6あたりが基本で、いろいろパーツを変えてコストダウンしているようだが、あまり安っぽさは感じないし、むしろこの完成度で70万ちょっとならかなりお買い得だと思う。


XJ6 Diversion ディバージョン.jpgツーリングメインで使うのであればこっちのカウル付きのXJ6 Diversion のほうがいいと思うが、こっちはどうなんだろ?日本には入ってこないのかな?
こっちのディバージョンのほうが売られたらけっこう本気で考えそうだな。
見た目は派手じゃないけれど長く付き合えそうなバイクだと思う。

ってわけで久々にちょっと刺激を受けてしまいました。
スポンサーサイト



最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログランキング参加中
banner2.gif

d_03.gif

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

人気ブログランキング
PR




Appendix


AD
リンク 
ブログ内検索
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
プロフィール

おやじライダーV3

Author:おやじライダーV3
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
現在の閲覧者数:
PR